マーケティングツールのSFAとは?

みなさん、こんにちは。今回はマーケティングツールの一つである「SFA」について話していきたいと思います。
SFAとはSales Force Automation(セールスフォースオートメーション)の頭文字で、端的に言えば「営業支援システム」ということになります。
時に「顧客との関係管理」を目的としているCRMと、このSFAが混同されてしまっている場合も多く見受けられますが、SFAは顧客情報というよりも、営業活動そのものをサポートするためのシステムであり、ツールなので、担当者と結びついた案件や過去の受注履歴なども含めたデータ管理ができるようになっています。
つまり顧客に対し、商談から商談成立に至るまでの行動に必要な情報を管理できるツールと言えます。
このように、SFAでできることというのは、個々の営業担当者の行動管理、商談内容とその過程の管理、営業効率を考えての売上・利益の工場や、見積書・請求書の作成・発行機能などであり、顧客との関係管理を主としたCRMとは目的も行えることも異なってくるのです。
SFAは営業向け、アクセス解析ツールはマーケター向けです/

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>