マーケティング分析に役立つ分析法「3C分析」と「4C分析」について

ビジネスシーンにおいて、思考がスピーディーな人は、たいてい何らかのフレームワークを使っています。フレームワークには複数ありますが、その一つが4C分析や3C分析です。
○3C分析
3C分析とは、3つの視点から自社の課題や現状を把握するフレームワークです。使うタイミングで既存商品の課題を見つけたい時、3C分析においてはライバルや顧客、自社のビジネスに関わる代表的な3者の分析をそれぞれ行い、自社の課題発見に応用します。この3つの中でも「顧客」の分析は最も重要といっても過言ではありません。
例えば顧客が今どんな悩みを感じているのか整理整頓した上で、ニーズとして何があるのかを導き出すのです。
○4C分析とは
4C分析は、次の4つの要素から成り立ちます。
・顧客にとっての価値
・顧客が負担するコスト
・顧客の利便性
・顧客との会話
これは企業のマーケティング活動を捉えるためのフレームワークとも言えるでしょう。
この4つの中で最も重要と言えば「顧客にとっての価値」であり、分析する時には顧客の気持ちになりきる事が不可欠です。
listeningmind.com/

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>