検索エンジン最適化における外部リンクの効果とは

皆さんこんにちは。今日は検索エンジン最適化についてのお話です。いまだに多くの方が、外部リンクはたくさんあった方が検索で上位にいくと信じていますが、実はこれは違います。多くの優良企業のサイトを管理していればわかりますが、「サイトを立ち上げました、お願いします」とスタートさせてから、検索エンジン最適化を始めたケースのバックリンク数は多くて200程度、これでも十分検索エンジンは評価してくれますし、順位は上がります。
○リンクだけでは不十分、中身と外部が相対的に評価される
サイト自体が最適化できてないと、どんなにリンクがあっても上位表示は難しいです。特に最近では、ヤフー検索エンジンはちょっとした事でフィルターをかけてしまうのでなかなか上位に上がりません。検索エンジンはwebサイトのコンテンツやバックリンクを確かめながら相対的に評価していき、ランク付けしています。早い話が、内部の検索エンジン最適化と外部リンクをしっかり行う事が上位表示につながっていくのです。しかし実際内部施策にも限界があり、あくまで「最適化」というレベルに到達するだけです。過剰であるところを削除し、足りないところを補う程度の作業になります。
○外部リンクよりもコンテンツのクオリティを上げること
対策キーワードを載せればそれだけサイトの上位が上がる程単純ではありません。コンテンツがさらに充実する方が、より順位は上昇していきます。SEOで大事なのは現状分析です。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>