オウンドメディアの基本~ユーザーに有益な情報を

“digitalmarketing”

オウンドメディアは自社サイトという事ですが、一度アップしたらそれでいいというわけではなく、定期的にユーザーに対して有益な情報を伝えていかなければなりません。


ユーザーに有益な情報をアップしていく


以前ビジネスブログが人気になった時、とにかく自分たちに関する情報を発信していればアクセス数は伸びていき、仕事につながるという誤解がありました。そのためビジネスブログに限定せず、「今日はラーメンを食べました」など意味のない発信が行われていたのも事実です。しかしこれは個人ブログでならいいですが、ビジネスブログでやるべき事ではありません。オウンドメディアから発信する情報はあくまでユーザーにとって利益あるものでなければならず、「企業自体の価値や商品の価値を高める情報」を基本として考えましょう。


ユーザーとの接点を作っていく


オウンドメディア構築においては、何らかの仕組みでユーザーとの関係構築を図っていきます。オウンドメディア運営では段階や規模によっても違ってきますが、ユーザーと相互に関係を作っていかなければなりません。例えばメルマガやお問い合わせ、コメント入力欄などを設ければユーザーとつながりが持てるでしょう。商品の印象が強いものは早い段階で、弱い段階ではある程度訪問者が増えた段階で仕組みを導入していけば、無理なくオウンドメディア運用がしていけるはずです。

オウンドメディアマーケティングとは

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>