マーケティングで必要な3Cとは?

“market”

マーケティングの分析方法の中には、「「3C分析」という分析方法があります。これはマーケティング環境を把握するための基本的な枠組です。

3Cとは何か 3Cは、 ・Competitor(ライバル) ・Customer(顧客) ・Company(自社) の3つの言葉の頭文字をとったものです。 ライバル分析で把握すべき項目の3C分析を使うとマーケットや競合会社、自社の業界環境を網羅的に把握できるようになります。3C分析の項目は3つに限定されており、複数人で共通認識も持ちやすく、マーケティングフレームワークの中でも比較的使いやすいものです。

3C分析は徹底的にやろう 3C分析をするにあたっては、徹底的に「事実」を収集していく事がポイントです。事実に対する解釈は、いずれにせよ集めた情報を解釈や事実と区別する事は徹底しておきます。

顧客業界の3C分析は、ビジネスする上で必要になってくる考え方です。顧客が企業なので、企業は顧客企業からみた環境分析を行います。顧客を徹底的に把握する事がマーケティングのスタートラインにもなるので、法人営業でマーケティングと言えば、まずは顧客の3C分析が必要でしょう。

リスニングマインド

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>