コンテンツマーケティングをよくするにはどうしたらいい?

コンテンツマーケティングをよくするにはどうすべきか。


まず、企業は消費者をよく理解し、消費者が望むコンテンツが何であるかを把握しなければならない。そして、そのコンテンツを自分の立場で評価せず、徹底的に消費者の立場だけでなければならない。コンテンツは、顧客の興味を満たすための手段で営業するための手段ではいけないはずだ。まず、信頼を築き、営業をすべき営業からしようとすると、かならず消費者は逃げて行くだろう。


コンテンツを知らせる方法もテキストではなく、ビデオを介して短く、面白い、効果的にしなければならない。もう一つ重要な点は、コンテンツを提供することに留まってはならず、必要なアクションも取らなければならないというものである。


第二に、コンテンツマーケティングは、マラソンで短距離レースではない。多くのコンテンツマーケティングプログラムが意欲的に始めたが竜頭蛇尾のようになるのは速い結果を期待する焦りからである。


一本のコンテンツが口コミで爆発的なヒットが生じる場合もあるが、ほとんどの場合、複数のコンテンツのヒットが少しずつ集まって徐々に力を発揮するものである。水滴が落ちて岩を掘削るようにコンテンツマーケティングを通じて、信頼を構築するプロセスは、忍耐を必要とする。しかし、一度信頼関係が構築されると、成功は保証されたも同然だ。


第三に、従業員の両方がコンテンツを生成する知識労働者にならなければならない。特に規模が小さくマスマーケティングを行うことができないベンチャー企業は、全従業員が消費者のための教育者にならなければならない。米国で家庭用プールを製造する「リバプールス」は、プール管理のための多くのコンテンツをYouTubeに上げているが、これは営業に大きな助けになるとする。この会社は、全職員がプール管理の伝道師の役割をすることを目指しています。


第四に、コストを念頭に置かなければならない。コンテンツマーケティングは、長期的に勝負を見るべきです。そのため、資源配分においても低コストを継続的に投資することが望ましい。


最後に、マーケティング予算が十分な企業は、コンテンツマーケティングとマスマーケティングを並行しなければならない。マスマーケティングは、広告の露出を広くして、短期的な営業成績を収めるために有用である。コンテンツマーケティングだけ使用する場合は逃す顧客がいることもあり、販売に至るまでには長い時間がかかることがあります。マスマーケティングとコンテンツマーケティングは、相互補完的である。それぞれの長所と短所をうまく活用して結果をもたらすマーケティングをしなければならない。

本記事はこちらを参照しました。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>