オウンドメディアの基本~ユーザーに有益な情報を

“digitalmarketing”

オウンドメディアは自社サイトという事ですが、一度アップしたらそれでいいというわけではなく、定期的にユーザーに対して有益な情報を伝えていかなければなりません。


ユーザーに有益な情報をアップしていく


以前ビジネスブログが人気になった時、とにかく自分たちに関する情報を発信していればアクセス数は伸びていき、仕事につながるという誤解がありました。そのためビジネスブログに限定せず、「今日はラーメンを食べました」など意味のない発信が行われていたのも事実です。しかしこれは個人ブログでならいいですが、ビジネスブログでやるべき事ではありません。オウンドメディアから発信する情報はあくまでユーザーにとって利益あるものでなければならず、「企業自体の価値や商品の価値を高める情報」を基本として考えましょう。


ユーザーとの接点を作っていく


オウンドメディア構築においては、何らかの仕組みでユーザーとの関係構築を図っていきます。オウンドメディア運営では段階や規模によっても違ってきますが、ユーザーと相互に関係を作っていかなければなりません。例えばメルマガやお問い合わせ、コメント入力欄などを設ければユーザーとつながりが持てるでしょう。商品の印象が強いものは早い段階で、弱い段階ではある程度訪問者が増えた段階で仕組みを導入していけば、無理なくオウンドメディア運用がしていけるはずです。

オウンドメディアマーケティングとは

Posted in 未分類 | Leave a comment

マーケティングで必要な3Cとは?

“market”

マーケティングの分析方法の中には、「「3C分析」という分析方法があります。これはマーケティング環境を把握するための基本的な枠組です。

3Cとは何か 3Cは、 ・Competitor(ライバル) ・Customer(顧客) ・Company(自社) の3つの言葉の頭文字をとったものです。 ライバル分析で把握すべき項目の3C分析を使うとマーケットや競合会社、自社の業界環境を網羅的に把握できるようになります。3C分析の項目は3つに限定されており、複数人で共通認識も持ちやすく、マーケティングフレームワークの中でも比較的使いやすいものです。

3C分析は徹底的にやろう 3C分析をするにあたっては、徹底的に「事実」を収集していく事がポイントです。事実に対する解釈は、いずれにせよ集めた情報を解釈や事実と区別する事は徹底しておきます。

顧客業界の3C分析は、ビジネスする上で必要になってくる考え方です。顧客が企業なので、企業は顧客企業からみた環境分析を行います。顧客を徹底的に把握する事がマーケティングのスタートラインにもなるので、法人営業でマーケティングと言えば、まずは顧客の3C分析が必要でしょう。

リスニングマインド

Posted in 未分類 | Leave a comment

リマーケティングとは

“mrt02”

リマーケティングとは自社サイト内で特定の行動をしたユーザーへ再びアプローチするやり方です。 基本的にサイトに始めてくる訪問者の9割以上がコンバージョンしません。 そこで考えられたのがリマーケティングです。サイトに訪問してくれたユーザーに再び訪問してくれることを目的としています。  しかし、流入してくれたユーザー全員にリマーケティングするわけにはいかないので、特定のユーザーに絞りこみます。例えば、料金ページにきてくれたユーザーや資料をダウンロードしたユーザーなどです。 絞り込んだら、そのページにタグを設置して、訪問者のクッキーからリマーケティング広告をかけることができます。  仕組みはこんな感じですが、実際にはタグマネージャーなどでタグ設置などの管理を行う必要があるため少しややこしいです

リマーケティングは非常に効果を望める方法です。なぜなら、貢献度の高いユーザーに絞り込んだ状態からアプローチをかけているからです。

マーケティング分析

Posted in 未分類 | Leave a comment

流入対策すべき4つの流入元

“marketing”
皆様こんにちは。今回はユーザーが流入するきっかけとなる4つの流入元について書きます。
1.オーガニックサーチ
オーガニックサーチは検索エンジンから検索して自社サイトへと訪問して貰う方法です。これで流入を増やすには、SEO対策をしっかり行う必要があります。
2.ソーシャル
ソーシャルはFacebookやTwitter、インスタグラムなどのSNSからの流入です。いいねや登録よってユーザーの指標が捉えやすいです。
3.リファラ
まとめサイトに貼られたリンクからの流入です。リンクが貼られている事自体が自分のサイトの評価につながります。
4.ダイレクト
URLなど直接入力しての流入です。すでに自分のドメインを知っている人からの訪問ということがわかります。
以上の4つが基本的な流入元です。また、SEM広告などの流入も主な流入元となるかもしれません。
これらのこうもくをばらんすよくおこなうのは難しいので、まずはオーガニックから対策するのが良いと思います。SEOチェック機能ってなに?

Posted in 未分類 | Leave a comment

オンドゥメディアマーケティングに必要な7人の専門家

“marketing”


1.戦略家


戦略家のコンテンツマーケティングの基礎工事をする非常に重要な職責である。競合他社の分析、企業の現在のコンテンツ資産の分析、コンテンツ監修、業界標準の知識などの成功のコンテンツマーケティングに必要なノウハウと技術を介して、あなたのコンテンツが失敗せずに注目されるように手助けする。


2.編集者


編集者は、マーケティングチームの業務が水が流れるよう順調に進むように導いてくれる。最高のコンテンツが最適のルートで知覚せずに正確な時間に発行されるように管理監督する人が編集者だ。
制作チームで逃した内容を指摘し、玉に瑕のように隠れているの間違いを奪い、チーム全体の効率的な仕事の処理を支援する編集者は、すべての業務に少しずつ関与する万能である。


3.メーカー


もしあなたが計画しているコンテンツが単純なブログ投稿であれば、製作者は作家になる。しかし、コンテンツが動画であれば、専門プロデュース人材が必要である。コンテンツの種類に応じてそれぞれ最適な製作者に仕事を任せることが必要である。
ビジネスの目的を正確に理解しながらブランドイメージに適したコンテンツに顧客とコミュニケーションすることができるメーカーを探す。


4.デザイナー


いくつかのコンテンツを作成するを設計は重要である。優れたデザイナーはブランドの哲学をデザインに溶かし出すことができなけれおり、あなたを含む周辺同僚からのフィードバックに瞬時に反応し、デザインを変更することができなければならない(後者は、デザイナーだけでなく、すべての従業員が必ず備えているべき徳目である)。


5.キュレーター


コンテンツキュレーターは毎日することができなく降り注ぐ膨大な情報の中から宝物のようなコンテンツを見つけてくれる人です。良いキュレーターは引き受けた分野に愛情を持って、様々なブログやウェブサイト、ソーシャルメディアを回った質の高いコンテンツを発掘する。数多くのコンテンツの中であなたの顧客が反応するだけのような宝石をだ。


6.プロモーター(あるいはパブリッシャー)


プロモーターは、文字通りのプロモーションを率いる人である。良いプロモーターは、積極的に新しいコンテンツを大衆に知らせることができなければならず、そのために人を好きで、新しい関係を結ぶことを恐れてはいけませんされている。


7.アナリスト


最後に、アナリストがある。アナリストの数値とデータに基づいて戦略家と一緒に成功したコンテンツマーケティングのための計画を立てる。進行したキャンペーンのマーケティング効果を測定することもアナリストの役割である。優れた戦略と正確な結果の測定が必要な場合は必ずチーム内のアナリストを置くことをお勧めします。」

デジタルマーケティング分析とは?

Posted in 未分類 | Leave a comment

“オウンドメディアの謎 “

“tool”


オウンドメディアってご存知でしょうか?知らない人のために、「企業が、消費者に向けて発信するための自社の媒体」一言で言うならコレでしょう。ちなみにブログやSNSの企業ページも含まれているみたいです。


まあここまではなんの謎もありません。
みなさんちょっと手間をかけさせますが、「オウンドメディア」で検索してみてください。


どうでしたか?私が注目したのは広告です。何が変ってオウンドメディアなのに記事制作やサイト運用のコンサルに関するものばっかりです。謎です。私としては、オウンドメディアなのに他社に自分のメディアを任せるのはおかしいなーと思います。
まあ、TVのCMとかもそうなんですけどね!自分たちのものは自分らでやらず、他社に任せるのではオウンドメデイアじゃないと思います!できるだけ自分たちでやりましょう!自信がないなら育てたりってこともできます。


とりあえず、オウンドメディアの運用は自分らでやって自分らで成果を出しましょうってツールがあるのでリンクします。

オウンドメディアマーケティングってなに?

Posted in 未分類 | Leave a comment

コンテンツマーケティングをよくするにはどうしたらいい?

コンテンツマーケティングをよくするにはどうすべきか。


まず、企業は消費者をよく理解し、消費者が望むコンテンツが何であるかを把握しなければならない。そして、そのコンテンツを自分の立場で評価せず、徹底的に消費者の立場だけでなければならない。コンテンツは、顧客の興味を満たすための手段で営業するための手段ではいけないはずだ。まず、信頼を築き、営業をすべき営業からしようとすると、かならず消費者は逃げて行くだろう。


コンテンツを知らせる方法もテキストではなく、ビデオを介して短く、面白い、効果的にしなければならない。もう一つ重要な点は、コンテンツを提供することに留まってはならず、必要なアクションも取らなければならないというものである。


第二に、コンテンツマーケティングは、マラソンで短距離レースではない。多くのコンテンツマーケティングプログラムが意欲的に始めたが竜頭蛇尾のようになるのは速い結果を期待する焦りからである。


一本のコンテンツが口コミで爆発的なヒットが生じる場合もあるが、ほとんどの場合、複数のコンテンツのヒットが少しずつ集まって徐々に力を発揮するものである。水滴が落ちて岩を掘削るようにコンテンツマーケティングを通じて、信頼を構築するプロセスは、忍耐を必要とする。しかし、一度信頼関係が構築されると、成功は保証されたも同然だ。


第三に、従業員の両方がコンテンツを生成する知識労働者にならなければならない。特に規模が小さくマスマーケティングを行うことができないベンチャー企業は、全従業員が消費者のための教育者にならなければならない。米国で家庭用プールを製造する「リバプールス」は、プール管理のための多くのコンテンツをYouTubeに上げているが、これは営業に大きな助けになるとする。この会社は、全職員がプール管理の伝道師の役割をすることを目指しています。


第四に、コストを念頭に置かなければならない。コンテンツマーケティングは、長期的に勝負を見るべきです。そのため、資源配分においても低コストを継続的に投資することが望ましい。


最後に、マーケティング予算が十分な企業は、コンテンツマーケティングとマスマーケティングを並行しなければならない。マスマーケティングは、広告の露出を広くして、短期的な営業成績を収めるために有用である。コンテンツマーケティングだけ使用する場合は逃す顧客がいることもあり、販売に至るまでには長い時間がかかることがあります。マスマーケティングとコンテンツマーケティングは、相互補完的である。それぞれの長所と短所をうまく活用して結果をもたらすマーケティングをしなければならない。

本記事はこちらを参照しました。

Posted in 未分類 | Leave a comment

ブログ主のプロフィール

こんばんは。今回は、とりあえず簡単に自分のことを紹介させて頂こうかと思います。
当サイトを始めた理由は、生活を充実させたかったのと、ブラインドタッチの練習のためです。他にも、お得な知識を皆さんから教えてもらえたら嬉しいなと期待した面もあります。
趣味は買い物やネットサーフィンなどなどです。今はゲームもしたいと思っています。
反面少し面倒くさがりな面もあるので、運営はのんびりになるかと思いますが、じっくりおつきあいいただければ何よりです。

Posted in 未分類 | Leave a comment